企業情報|日本濾過器株式会社

経営方針

経営基本方針

当社は働くすべての人々の能力を最大限に発揮させて企業の繁栄と従業員の生活向上の一致をはかる。

当社は研究開発して売り出すいかなる製品でもすぐれた技術の特性によって業界の指導的地位をめざすものである。

当社は規律を順守すること。革新の気風を養うことを奨励しつねにより高い目標をかかげてその達成への工夫努力と成果に対してのみ信賞必罰を明らかにする。

安全衛生方針

社長のメッセージをもとにニチロは以下の基本方針を定める。
ニチロは、社員が安全で、安心して働くことのできる職場環境の実現に向けて、以下の方針により、全社員が一致協力して、安全衛生・健康管理活動を推進する。

  1. 1.労働安全衛生に関する法令や社内規程、安全衛生重点項目および労使協議の上決めた事項を順守する。 コンプライアンス
  2. 安全衛生方針に基づいた目標を定め、その達成状況の把握と見直しを行い、安全衛生活動の継続的な改善・向上に取り組む。 継細的改善活動
  3. 労使が協力して、全員参加の安全衛生活動を推進するとともに利害関係者とも良好なコミュニケーションを図る。コミュニケーション
  4. 安全と健康確保のための職場の労働安全衛生上のリスクを特定・評価し、その結果に基づき、適切に対応する。 リスク管理
  5. 社員の健康管理を積極的に推進し、さらに社員自らが行う健康維持増進の取り組みを支援する。 健康保持増進
  6. 社員の安全衛生活動に必要な教育訓練および資格取得を積極的に推進し、安全に業務を遂行できる人材育成を図る。人材育成
  7. 事業活動を通じて蓄積した安全衛生活動に関する知識・情報は、個人情報に配慮し、社会全体の安全と健康確保のために提供する。 情報発信

品質方針

NICHIROは、“いつまでも青い地球を”をキャッチフレーズに、お客様に満足して頂ける製品を提供し続けることが企業発展の最重要課題であることを認識し、新商品開発及びシステム開発と共に、全社員参加による品質マネジメントシステムの適切な運用によって、品質の向上に努めます。

  1. 当社の全ての業務は、顧客要求事項及び法令、規制要求事項に対し、適合させる。
  2. 全社員は、品質マネジメントシステムの確実な実行により、その有効性を継続的に改善する。
  3. 品質目標の設定及びレビューの枠組みとして、年度毎に部門品質目標を設定し、実行管理する。
  4. 品質方針は、内部コミュニケーションを通じて全社員に理解されるよう周知徹底する。
  5. 取引先に対しても、品質マネジメントシステムの理解を求めて、相互協力のもとで、顧客満足の向上を目指す。
  6. 毎年のマネジメントレビューで、品質関連情報についてレビューする。

品質チェンジ宣言(レレレ活動)

NICHIROは、更にお客様に満足していただける商品を提供するため、
品質チェンジ宣言します。

1. 入れない活動から 入らない活動へ

取引先からの購買品について、不具合品を絶対に入らない活動に転換します。

2. 作らない活動から 作ない活動へ

社内で生産する部品・製品は、不具合品を作ろうとしても作ない活動に転換します。

3. 出さない活動から 出せない活動へ

お客様に納入する製品は、不具合品を出そうとしても出せない活動に展開します。

環境方針

NICHIROは、地球環境保全が人類共通の重要課題であることを認識し行動するため、”いつまでも青い地球を"キャッチフレーズとし、省資源・省エネ・代替材料・リサイクル・新商品開発等で環境保全に貢献することを約束します。
尚、以下に基づいて、環境マネジメントシステムの継続的改善と環境汚染の予防及び適切な環境保護を推進します。

  1. 環境法的規制、又、当社が合意するその他の要求事項を順守します。
  2. 利害関係者との協調連帯を図り、地域環境への参画と支援に取り組みます。
  3. 製品のライフサイクル各段階において、生態系への影響を考慮した設計開発に取り組みます。
  4. 当社の事業活動を通じて、環境に与える影響の中で、特に以下の項目について優先的に環境保護活動を推進し取り組みます。
    ①開発段階から代替え材料への改善とリサイクル化の推進
    ②使用する資源(電気・ガス・水),エネルギーの把握と継続的改善継続的向上を図ります。
    ③環境負荷物質の使用抑制と汚染防止
    ④廃棄物の削減と騒音・振動及び水質汚濁等の予防と継続的改善
    ⑤地域及び作業環境に調和する緑化・安全活動の推進
  5. 環境管理活動の重要性絵を全従業員に周知徹底し、環境保全及び環境保護に対する教育に努め、意識向上を図ります。
  6. 構築した環境マネジメントシステム(EMS)の効果的な運用を行ない、環境パフォーマンスの継続的向上を図ります。