企業情報|日本濾過器株式会社

会社沿革

昭和12年東京都大田区下丸子に日本濾過器製作所として創業
昭和15年日本濾過器株式会社に改組設立。資本金195,000円
昭和16年設備拡張の為、本社工場を現在地(世田谷区深沢)に移転
昭和44年資本金125,000,000円
昭和49年長野県伊那市に工場新設(第1工場)
昭和55年 神奈川県相模原市に工場新設(本社工場を移設)
伊那工場内に研究所新設
昭和56年本社ビル(ニチロビル)完成
昭和61年UIL社と業務提携を結ぶ (含浸関係)
平成3年長野県伊那市に新工場増設(第2工場)
平成4年PTI社と業務提携を結ぶ (アメリカ、PTIテクノロジー社)
平成6年インドネシアに工場DNP社を新設 (PT. DUTA NICHIRINDO PRATAMA)
平成8年タイメーカーと技術提携
平成10年ISO 14001(1996版) 認証取得(伊那工場)
平成13年 ISO 9001(1994版) 認証取得
台湾メーカーと技術提携
平成14年相模原工場をデポ化し、パーツセンターに名前変更
平成15年 中国メーカーと技術提携。
インドネシア・DNP社に倉庫増設。
平成16年 山梨県にニチロ保養所・研修センター新設
H&V社と技術共同開発を結ぶ
インドネシア・DNP社に新工場増設
本社・伊那工場・パーツセンターにIP電話導入
平成17年 日本フランツ・オイル・クリーナー株式会社を株式会社ヒロトモに社名変更 ISO14001
2004年度版取得(伊那工場)
平成18年 ISO9001 2000版拡大審査取得(パーツセンター)
長野県 伊那市に工場新設(第3工場)
伊那第1工場の大幅改築
平成21年ISO9001(2008版)取得(エンジン用フィルター)
平成23年ISO9001(2008版)拡大審査認証取得(各種フィルター)